太陽光発電のトラブル事例

太陽光発電・ソーラーパネル設置後のトラブルとメンテナンスに関して

住建先生イメージ太陽光発電・ ソーラーパネルを設置する方が増えるに比例して、トラブルも増 加傾向にあります。多くは設置工事の際に起こりますが、その原因がわかれば取るべき対策も分かります。
投資をムダにしないようメンテナンスにも気を配りましょう。
ここでは太陽光発電・ソーラーパネルを設置 後に起きたトラブル・ク レーム等を集めてみました。

太陽光発電パネルを設置後の『雨漏り』

状況
太陽光パネルを取り付けてから暫く経過した頃、天井に水に濡れたようなシミが広がり始めた。
業者の何らかの施工ミスで屋根から雨漏りをしているようだ。
原因
太陽光パネルを取り付けてから暫く経過した頃、天井に水に濡れたようなシミが広がり始めた。
業者の何らかの施工ミスで屋根から雨漏りをしているようだ。
お困りの際は、どんな些細なことでも九州住建にご相談ください。
私ども株式会社九州住建では、弊社による設置以外でも、太陽光発電システムやソーラーパネルの設置後のご相談に無料にてお答えさせて頂いております。
どうぞお気軽に、
お電話(フリーダイヤル0120-961-771)もしくはメールフォームよりお問い合わせください。

太陽光パネルを設置後に、工事内容がメーカー10年保証の対象ではないと言われた。

状況
太陽光パネルのメーカーが指定した設置工事の基準を満たない場合、それによるトラブルが生じても10年保証の対象外となる場合がございます。
原因
太陽光パネルはそのメーカーの純正架台を、メーカーが支持するマニュアル通りに設置しないとメーカー保証対象外となってしまいます。
それ以外にも例えば、
  • 太陽光パネルが屋根から飛び出して設置されている
  • 配線がパネルの内側にしまわれておらず、むき出しになっている
お困りの際は、どんな些細なことでも九州住建にご相談ください。
私ども株式会社九州住建では、弊社による設置以外でも、太陽光発電システムやソーラーパネルの設置後のご相談に無料にてお答えさせて頂いております。
どうぞお気軽に、
お電話(フリーダイヤル0120-961-771)もしくはメールフォームよりお問い合わせください。

太陽光発電システム設置前の話より、著しく発電量が低い

状況
設置前の話で聞いていた予想値よりも、設置後の発電量が著しく低い。
原因
様々な要因が考えられますが、その多くが正しい設置方法が守られていないことに起因する場合が多くあります。
  • 太陽光パネル自体の不具合
  • 太陽光パネル同士の連結の不具合
  • パワーコンディショナーの不具合
例えば、太陽光パネル背面の『配線のたるみ』もその大きな原因です。
なぜ背面の配線が重要なのかを理解していない業者も多く見受けられます。
この『配線のたるみ』は太陽光パネルと屋根の間に隙間を作り、落ち葉が溜まったり、鳥が巣を作ったり、雨水が溜まり雨漏りの原因になったりもします。
お困りの際は、どんな些細なことでも九州住建にご相談ください。
私ども株式会社九州住建では、弊社による設置以外でも、太陽光発電システムやソーラーパネルの設置後のご相談に無料にてお答えさせて頂いております。
どうぞお気軽に、
お電話(フリーダイヤル0120-961-771)もしくはメールフォームよりお問い合わせください。

太陽光パネルの設置当初に比べ、徐々に発電量が低下してきた

状況
太陽光パネルを設置した当初に比べると、経年劣化なのか、目に見えて発電量が低下してきた
原因
太陽光パネル自体の汚れが原因の場合があります。
特に、鳥の糞で汚れていたり、太陽光パネルの隙間に巣を作られたりといった『鳥害』や、濡れ落ち葉によって一部分だけが影の状態が続くなど、通称ホットスポットと呼ばれる状態は、故障の原因にもなりかねません。
お困りの際は、どんな些細なことでも九州住建にご相談ください。
私ども株式会社九州住建では、弊社による設置以外でも、太陽光発電システムやソーラーパネルの設置後のご相談に無料にてお答えさせて頂いております。
どうぞお気軽に、
お電話(フリーダイヤル0120-961-771)もしくはメールフォームよりお問い合わせください。

Copyright Kyushujyuken corporation. All Rights Reserved. last-up-data.2017.05.01

PAGE TOP

スマートフォンサイト
はコチラから